医者と看護師

水虫を改善する薬|治療をに対応した皮膚科を探す

肌は病院できれいになる

医者

横浜では、医師の治療方針で、皮膚科を選ぶようにすると良いです。医師によって方針が違うので、患者も自分の治療に対する考え方と合った病院を選ぶと、順調に回復します。肌のトラブルは、外用薬だけではなく、内服薬も併用すると、すぐに症状が改善します。

もっと知ろう

皮膚の治療を行う病院選び

医者と看護師

信頼できる皮膚科を城東区で探す場合には、医師に注目して専門医のいる病院を選ぶ事が重要です。また皮膚の治療では正しい手入れで肌の状態を改善させる事が大切なので、丁寧に説明や指導を行ってもらえる皮膚科を選ぶ事がお勧めです。

もっと知ろう

足のケアのために

足と手

配合成分と形状が大切

水虫とは、皮膚に白癬菌が繁殖する症状のことを言い、最近では、男性だけでなく女性にも増えてきている症状です。発生する原因の多くが、靴を履いている状態が長く続き、足が湿気を帯びるため、高温多湿を好む白癬菌が発生しやすくなるためです。女性の水虫が増えているのは、働く女性が増加し、足が蒸れることが多くなったためと考えられます。水虫にならないために、家に帰ったら必ず足を洗い、その後はしっかり乾燥させましょう。通気性の良い靴を選ぶことも効果的です。仕事用の靴とプライベート用の靴を分け、定期的に洗うようにしましょう。また、水虫は人から人にうつりますので、家の中で履くスリッパは別々に使うことをおすすめします。

日常でできる対策

水虫にはいくつかの種類がありますが、最も多い症状が足の指と指の間にできる趾間型水虫です。その治療には薬を使いますが、その薬の選び方が重要になりますので注意しましょう。市販の水虫薬のコーナーには様々なタイプのものがありますが、この趾間型の治療に効果があるのは塩酸テルビナフィンと塩酸ブテナフィンが配合されているものになります。そしてジュクジュクしているならクリームを、乾燥しているなら軟膏がおすすめです。市販薬がよくわからない人や使用しても改善が見られない場合は、皮膚科で診察を受けるようにしましょう。また、足以外に水虫ができた場合も皮膚科に行くことをおすすめします。適切な医療用医薬品を出してもらうことができるでしょう。

お肌トラブルでお悩みの方

ドクター

じんましんがでてきたら、まず皮膚科にかかることをお勧めします。仕事が忙しい方は、予約なしで診察してくれる病院が多い西新宿に行くと良いでしょう。皮膚科にかかる前に、まずは無料相談で自分にあった病院を見つけることも大事です。

もっと知ろう